SLI超高速学習法は瞑想(自律訓練)と語学学習を融合させた新しい英語学習法です。(文化庁著作物登録済)

各レッスンごとに音源とPDFテキストが同梱されています。

(ZIPファイルに圧縮しています)

 

※注意※

このZIPファイルはWindowsOSで解凍した場合、ファイル名が文字化けを起こす場合があります。音源の内容に問題は生じませんが、ファイル名が文字化けを起こして見にくい場合は別途正しい表記のデータをメールで送付させていただくことができますので、事務局までお知らせください。

 

Lesson1の教材にはEssential Basic Structure(EBS)が同梱されています。EBSは、英語に必要な基本構文(110 文)が集約されている教材で、より英語のしくみが理解できます。

 

☆各レッスンのねらいと入れ替え文

1. Boston ◎分詞を含む構文

* 分詞構文(→Essential Basic Structure 33~36) * 完了形の分詞構文 (EBS 34)
* 過去分詞の分詞構文 (EBS 35)
* 独立分詞の分詞構文 (EBS 36)

◎不定詞を含む構文
* ~ enough to ... 〔...するほど~〕(EBS 26)

 

2. Two distinguished universities in the Boston area ◎関係詞中心の構文

* 関係代名詞 who
* 関係代名詞 which
* 関係代名詞 that
* 関係代名詞 who の継続用法 (EBS 50)
* 関係副詞 when「時] / when「場所」/ why「理由」/ how「方法」(EBS 53~57) * 関係副詞 when の継続用法 (EBS 53)

 

3. Benjamin Franklin ◎目的・結果を表す構文

* in order to ~ 〔~するために〕

* for fear ... should ~〔...が~しないように〕 ◎関係詞中心の構文

(EBS 87) (EBS 90)

* 関係代名詞 which の継続用法 (EBS 51)
* 前置詞+関係代名詞 which の継続用法(EBS 48~52) * 過去分詞の分詞構文 (EBS 35)

 

4.Andrew Carnegie ◎比較を表す構文(EBS 58~68) ◎相関・否定を表す構文(EBS 69~80)

〔先行詞が人の時〕 (EBS 48) 〔先行詞が人以外の時〕(EBS 49) 〔先行詞が人、物の時〕(EBS 48~52)

* 準否定語 little〔ほとんど~ない〕 (EBS 70)
* 準否定語 seldom〔めったに~ない〕 (EBS 71)
* 部分否定 not always ~〔必ずしも~とはかぎらない〕(EBS 73) * neither ... nor ― 〔...も―も~ない〕 (EBS 74) * not only ... but also ~ 〔...だけでなく~も〕 (EBS 77)

◎関係詞中心の構文
* 関係代名詞 what (EBS 52)

 

5.San Francisco ◎補語中心の構文

* S(主語)+ V(動詞)+ C(補語)〔C=不定詞〕(EBS 12)

* S(主語)+ V(動詞)+ C(補語)〔C=名詞節〕(EBS 13) ◎譲歩を表す構文

* Though ~ 〔~だけれども〕(EBS 103) ◎過去完了形(過去のある時を基準にして完了・継続・経験などを表す) ◎過去完了進行形(過去のある時を基準にしてその時までの動作の継続を表す) ◎助動詞 do をそえて動詞を強調する。

 

6.Thomas Alva Edison ◎目的語中心の構文

* S(主語)+ V(動詞)+

* S(主語)+ V(動詞)+ ◎主語中心の構文(EBS 1~9)

* It is ~ so ...(EBS 1)

O(目的語)〔O=不定詞〕(EBS 12) O(目的語)〔O=名詞節〕(EBS 13)

* 無生物主語 (EBS 9) ◎相関・否定を表す構文(EBS 69~71)

*準否定語 rarely〔めったに~ない〕

 

7.Helen Keller ◎条件・仮定を表す構文(EBS 91~102)

* 仮定法現在 〔現在または未来の単なる仮定〕
* 仮定法過去 〔現在の事実に反する仮定〕 (EBS 93) * 仮定法過去完了 〔過去の事実に反する仮定〕(EBS 94)

* as if + 仮定法過去

* as if + 仮定法過去完了 ◎目的・結果を表す構文

◎譲歩節を導く複合関係詞(EBS 107)
* Whatever ~ 〔どんなことが、(どんなことを)~しても〕

◎関係詞中心の構文
* 関係副詞 how(EBS 57)

 

8.Abraham Lincoln ◎主語中心の構文

* It is ~ to ... (EBS 1)

* It is ~ that ...(EBS 3) ◎目的語中心の構文

* S(主語)+ V(動詞)+ O(目的語)〔O=名詞節〕(EBS 16) ◎関係詞中心の構文

* 関係代名詞 what(EBS 52)
* 関係代名詞 whom の継続用法(EBS 48~52)

 

使用に関する詳しいお問い合わせはSLIエデュケーションカウンセラーまたは事務局までご連絡をお願い致します。

この教材を使用してマンツーマンレッスンを行うことも可能です。

詳しくは「サービス」ページをご覧ください。

SLI超高速学習法Advanced Lesson8

¥24,000価格
  • M4AまたはWAV

  • カード決済のみに対応しています。

    対応カードはVISA/MASTER/AMEXの3社のみです。

    決済確認後に音源データのダウンロード用のリンクが配信されます。

© 2019  ESP ACADEMY